メーカー研究員の野望

某メーカーの研究員が不労所得生活を目指して気ままに書きなぐります

買付リスト(検討中)

今後長期投資を行う上で、何を買付けるか検討中。

決めたらドルコストで買いましし、数年間様子見予定。

いくつかの候補を絞りました。メモします。

 

1)アマゾン→決定

言わずと知れたアマゾン。

日々便利さを実感し、かつ、今後も成長性が期待できると思ったので買ってみます。(薄いなー笑)

 

小売りから入って、ビデオ、音楽、決済、スマートスピーカー、広告など多角的にアマゾン経済圏を構築できている。クラウド事業も期待できる。

 

この企業が伸びることで、きっと将来は変わるのだろうなと思います。

(難しいことは専門外なので他のブログに譲ります。勉強します。。。笑)

 

2)ビザ→決定

僕も持っているビザカード。

昔からこのビジネスは凄いと思っていました。こんな事業を興せたらと思うと羨ましいです。

マスターカードと合わせて寡占状態なのでは?

先行者有利なのは間違い無い分野なので、将来通して競合は出てくるのでしょうか。。

強いて言えばスマホ決済や仮想通貨かもしれませんが、当分はこのままいくと思います。

話は逸れるけど仮想通貨も伸びてくれると嬉しいです(ビットコインETF来いやーー)

 

3)アルファベット→悩み中

テクノロジーの最先端企業でしょう。一度は誰しもが、ここで働いてみたいと感じるはずです。

(まあ僕はコテコテのサイエンス系を専門にしているので、無理でしょうが)

 

広告収入がメインですが、最近はクラウドも伸びているみたいですね。自動運転やAI、ロボット、スマートスピーカーなど、未来の核になる技術を開発しています。

ただ、アマゾンとキャラが被るような気がして、悩み中です。

 

4)配当貴族リスト→悩み中

配当株のいいところは株価が下落して元本が割れても配当で負け分を充当できるところと理解しています。(当然、絶際買いまし期間になるのですが)

その場合の減配リスクを抑えるためにも連続配当には拘った銘柄選びが大切でしょう。

長期投資を考えると一番負けにくい選択肢と思います。

現在、毎月8000-9000円ほどiシェアーズ(ETF)から配当を受けています。それに加えて、4月、10月には35000円前後の利子?をインド債から貰っています。折角なら、4、10以外の月にも合算して20000円程度になるように銘柄を選んでもいいかなとは思っています。

 

ただ、懸念点として配当株は税金が抜かれるところです(アメリカ分は確定申告で戻りますが、確実に全てが戻るとは言えないというのもあります)。

バランスをみて、もう少し再考するつもりです。

 

ooyukida.hatenablog.com

 

お勧めがあれば教えてください。